えごま油の健康・美容効果がすごかった!その効果とおすすめの食べ方をご紹介!


最近、テレビや雑誌で多く特集され、静かなブームを起こしているのが、えごま油です。

油というと、少し健康に悪いようなイメージがありますが、実は、えごま油には、αーリノレン酸という美容と健康に良い成分がたっぷり配合されています。

ここでは、えごま油の秘められた美容・健康効果や、その効果を引き出すおすすめの食べ方をご紹介します。

◆美肌・美容効果

まず、αーリノレン酸の働きで、最も大きいなのが、美肌・美容効果です。

αーリノレン酸には、抗炎症作用とコラーゲンを生成する働きがあります。

まず、抗炎症作用は、肌トラブルの炎症を抑える効果があり、とくに、ニキビの改善に大きな効果を発揮します。

油というと、ニキビをさらに悪化させるイメージがあるだけに、これは意外ですよね!

αーリノレン酸は、ニキビの原因となるアクネ菌を抑制する働きがあります。

そして、コラーゲンを生成する働きもあるので、シミやしわ、くすみの改善も期待できます。

コラーゲンは、年齢とともに徐々に減少していってしまい、相対的に、肌の弾力も減少していってしまうのですが、このコラーゲンの生成を促してくれるのは嬉しい効果ですね!

コラーゲンは、保水力に優れているので、潤いのある肌へと導いてくれます。

◆健康効果

えごま油は、健康効果にも優れた効果を発揮します。

えごま油に含まれるαーリノレン酸は、中性脂肪を下げて、生活習慣病の予防に貢献してくれます。

偏った食生活で血液がどろどろになってしまうと、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病が引き起こされやすくなりますが、えごま油は、このどろどろになってしまった血液をサラサラに戻してくれる働きがあるといわれています。

中性脂肪を下げ、血液をサラサラにしてくれるえごま油は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防してくれます。

◆アトピーやアレルギーの改善

えごま油には、アトピーやアレルギー症状の緩和にも効果が期待できます。

普段、私たちが最も使っている油には、サラダ油やコーン油、紅花油などがあると思いますが、これらの油には、リノール酸という成分が含まれています。

このリノール酸は、アトピーや花粉症などのアレルギー反応を酷くすることがあります。

一方、えごま油に含まれる、αーリノレン酸はアトピーやアレルギー症状を抑える働きがあります。

同じ「油」でも全く、油の質が違うので、一方はアトピーやアレルギー症状を悪化させ、一方は改善することができるのです。

お値段的にいえば、えごま油の方が高いのですが、健康を意識するのであれば、えごま油を摂取するようにするといいでしょう。

◆認知症の予防

高齢化社会になった今、認知症は、親はもちろん、パートナーや自身も関係のない話ではありません。

自身のパーソナリティーや記憶を徐々に失ってしまう認知症はできればなりたくない病気の一つです。

認知症の特効薬は現在のところ、見つかっていません。

えごま油に含まれるαーリノレン酸は、認知症を予防してくれる可能性があることが分かってきています。

αーリノレン酸は、体に取り込まれると、DHAEPAなどに変化します。

これらの成分は、青魚に含まれる成分なので、一度は耳にしたことがあるという方も多いと思います。

DHAやEPAは脳の栄養や円滑剤として働くことが知られており、記憶力アップや認知症予防に効果を発揮します。

◆ダイエット効果

αーリノレン酸は、体内に取り込まれると、脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化する働きがあります。

この酵素リパーゼは、体内に溜め込まれた脂肪を燃焼する働きがあるので、ダイエット効果が非常に高いといわれています。

油がダイエットに効果があるなんて、何だか信じられませんよね!

 

えごま油を食べるおすすめのタイミングはいつ??

えごま油をとるのに、最もおすすめのタイミングは、朝食時です。

特に、卵や納豆などのタンパク質と一緒にとるとさらに効果を引き出すことができます。

注意する点は、えごま油は熱に非常に弱いので、熱さないように注意してください。

みそ汁に混ぜたり、卵かけごはんにかけたり、パスタの仕上げにかけたりして食すようにしましょう。

一度に摂取するのは、約スプーン1杯程度がおすすめです。

一気に取るというよりは、毎日少しずつ細く長くとることをおすすめします。

手軽に使えるえごま油は、毎日の食事に取り入れやすい食材です。

食卓に1本えごま油をおいて、毎朝、取るようにしたいですね!

毛穴の黒ずみにさようなら!黒ずみケアに最も大切なのはクレンジング!


ファンデーションを塗っても隠れない、毛穴の黒ずみ…。

黒ずみを隠そうとコンシーラーやリキッドファンデーションをベースメイクに取り入れたりしている方も多いと思います。

この毛穴の黒ずみ悩みを解決する一番の近道は、クレンジングと洗顔の見直しです!

隠すよりも、根本の黒ずみをなくしてしまう方が、よりきれいな素肌に近づけます。

黒ずみケアというと、毛穴パックや保湿などを思い浮かべますが、そもそも、毛穴の黒ずみの正体は、皮脂とメイクが混ざって酸化したもの。

毛穴パックは、できた黒ずみを一時的に除去することは出来ても、また時間が経つと黒ずみができてしまいます。

この酸化皮脂&汚れをため込まないようにするには、毎日の、クレンジングと洗顔が最も重要なのです。

特に、クレンジングは、皮脂とメイク汚れを溶かしだしてくれるアイテムなので、肌にあったものを選ぶ必要があります。

メイク落としの種類は、オイル、リキッド、ジェル、ミルク、クリームの大きく5種類あります。

それぞれの特徴が、、

  • オイル…洗浄力強い、乾燥しやすい、毛穴が広がりやすい
  • リキッド…やや洗浄力が強い、摩擦が起きやすい、毛穴が広がりやすい
  • ジェル…洗浄力は強いが、摩擦が起きにくく、オイルなどよりは肌に優しい
  • ミルク…洗浄力は低い、摩擦が起きにくく、肌に優しい
  • クリーム…洗浄力は低い、摩擦が起こりにくい、肌に優しい、マッサージできる

毛穴の黒ずみが気になる方におすすめなのが、ミルクとクリームタイプのクレンジング材です。

この2タイプは、洗浄力はやや低いものの、摩擦が起こりにくく、お肌にダメージが少ないのが特徴です。

摩擦が起こりにくい=毛穴が開きにくいので、肌を守りながらメイクを落とすことができます。

アイメイクまでは落とし切れないので、アイメイクは専用のポイントメイクリムーバーを利用しましょう。

オイルやリキッド、ジェルタイプは、洗浄力は高いものの、その分、落とす力が強いので、乾燥を加速させやすくなります。

肌再生が遅い方や乾燥肌の方、エイジングサインが出ている方にはあまりおすすめしません。

ミルクとクリームのクレンジングでも、特におすすめは、クリームタイプです。

クリームタイプは、ケアに3分~5分かかるので、少し面倒と感じるかもしれませんが、じんわりとマッサージしながら丁寧に毛穴の黒ずみを浮かすことができるのが魅力です。

クリームタイプは、クレンジング剤を手に取り、くるくると顔全体のメイクと3分ほどなじませた後、ぬるま湯で、数回にわけて乳化させていきます。

乳化作業をするときに、毛穴の汚れを溶かしだし、黒ずみを改善していくのです。

乳化が終われば、冷たい冷水で毛穴を引き締めるのもおすすめです。

開いた毛穴がキュッと小さくなります。

毛穴の黒ずみは、すぐに消えることはありませんが、継続してケアをすることで、必ず改善します。

毛穴の黒ずみでお悩みの方は、クレンジングは夜だけでなく、朝も行うのがおすすめ!

また、夜のクレンジングも、メイクしていなくてもクレンジングをすることを習慣にしましょう。

余分な皮脂をこまめに除去することで、新たに皮脂が酸化するのを防ぐことができます。

間違ったケアでさらに悪化!?毛穴の開きをこれ以上悪化させないただ1つの方法!

黒ずみ毛穴に、プツプツ毛穴、ザラザラ毛穴など、毛穴の悩みはつきませんよね。

トラブル毛穴を何とかしたい!とオーバートリートメントを行い、逆に毛穴が開いてしまった…という方も多いと思います。

ここでは、間違ったケアで広がってしまった毛穴を改善する正しい方法をご紹介していきたいと思います。


そもそも、毛穴は伸縮性ある部位です。

熱や水分量によって、大きくなったり、小さくなったりを繰り返しているのです。

少し広がったからといって、一気に毛穴が開き切ってしまうことはないんですね。

ただ、毛穴は一度一定以上の大きさに広がってしまうと伸縮性を失い、収縮しにくくなります。

一度開いてしまうとなかなか改善が難しい毛穴だからこそ、事前の開かせないケアが大切です。

毛穴を開かせない唯一の方法は、顔を洗うときは、34度以下のぬるま湯か冷水で洗うこと!

35度以上になると、毛穴はだらりと開いてしまいます。

冬になると、ついつい、お湯で顔を洗ってしまいがちですが、冷水で洗うことで、毛穴はキュッと小さくなってくれます。

毛穴を開かせないためには、とにかく、「冷やす」のがポイントとなるわけですが、時間があるときなどは、クーリングパックもおすすめです。

クーリングパックとは、名前の通り、顔のほてりをとってくれるジェル状のパックのこと。

クーリングパックは冷却と鎮静効果が非常に高いので、10分ほど置くだけで、毛穴がキュッと小さくなったのを実感できます。

通常のローションパックを冷蔵庫で冷たく冷やしてからお顔にのせるのもおすすめ!これは、お持ちのパックを冷蔵庫に入れるだけなので、非常にお手軽です。

より効果を求めるのであれば、顔でひんやりと固まっていく、モデリングパックもおすすめです。

冷やしたローションパックは1~2分ほどですぐに体温で温まってしまうのに対し、モデリングパックは10分~15分、お顔の上で冷たい状態なので、毛穴の熱をしっかりと除去してくれます。

開いた毛穴のケアには、とにかく、しっかりと冷却した状態に戻すことが大切です。

《混合肌》Tゾーンのテカリや頬の乾燥に悩んでいる方におすすめのスキンケア


今年は暖冬と言われていますが、それでも、ここ数日一気に寒くなってきましたね!

暖房器具なしで、重ね着してなんとか凌いできましたが、この寒さに負け、ついに我が家でもエアコンを付けました。

エアコンを付け始めると気になるのが、乾燥です。

家だと、重ね着をして、カーペットや石油ファンヒーターを併用することで、エアコンの使用を極力避けることができるのですが、職場やショッピングセンターではガンガンにエアコンがかかっています。

エアコンの高い温度設定強い風量設定は、肌の乾燥を加速してしまいます。

秋冬の時期は、ただでさえ外気が乾燥しているのに、室内でも乾燥してしまうのはつらいですよね・・。

この時期に、Tゾーンがテカテカあぶら浮きしているのに、頬や目元、口元はカサカサしているという方は混合肌です。

皮脂量が多く、水分量が少ない、混合肌さんは、乾燥しすぎてしまうと、それを補うために油分をだして、Tゾーンのテカリを誘発してしまうのです。

意外かもしれませんが、Tゾーンのテカリの原因は皮脂が多すぎるわけではなくて、水分が少なすぎるのが原因なんですね。

ここでは、そんな混合肌さんにおすすめの、脂浮きさせないスキンケア方法をご紹介していきたいと思います。

保湿美容液や導入美容液など、様々なアイテムがありますが、ここでは、見直してほしい基本の3ステップをご紹介しますね。

まず、見直してほしいステップの1つめがクレンジングです。

クレンジング、何、使われていますか?

クレンジング剤は「どうせ落とすだけだし、安いやつでいいや」とコストを削られてしまいがちなアイテムです。

しかし、メイクや汚れを落とすクレンジング剤は、品質が悪いと、メイクや汚れと一緒に肌の潤いまで一緒に洗い落してしまいます。

混合肌さんが使うべきクレンジング材は、ミルククレンジングです。

ミルククレンジングは、オイルクレンジング等比べると、汚れを落とす力は弱いものの、うるおいを残しながら優しくメイクを落とすことができます。

ドラッグストアでプチプラのアイテムを購入するのであればミルククレンジングを選ぶのが正解です。

ただ、しっかりメイクをする方は、ミルククレンジングだと、メイクの洗い残しが出てきてしまい、吹き出物の原因になってしまうので、しっかりメイクをする方は、メーカーさんのものなど、ある程度お値段がするオイルクレンジングやジェルクレンジングを選ぶようにしてください。

間違ってもプチプラのオイルクレンジングを選ばないようにしてくださいね!

次に、化粧水ですが、化粧水は、肌に潤いを与えてくれる最大重要アイテムです!

化粧水の攻略なしに、混合肌の改善はあり得ません!!!

混合肌さんは、そもそも水分が不足しているので、化粧水を丁寧に丁寧に入れ込んでいくことが重要です。

化粧水の付け方は、ハンドでもコットンでもどちらでもOKですが、肌が薄い方はハンド、肌のザラツキが気になる方はコットンがおすすめ。

コットンは、いらない角質をからめとってくれるので、ザラツキのない、つるんとした肌に導いてくれます。

この時注意してほしいのが、コットンは、品質の「良い」コットンを使っうという点!!!

300円前後の価格帯のものを選ぶようにしましょう。

間違っても、100均のコットンや、2箱で98円!みたいな激安コットンは使わないようにしてくださいね!

あれは、ネイルオフ用です!

安いコットンは、コットンの品質はもちろん、その作られ方もやはり荒いので、肌表面を傷つけてしまいます。

イメージで言うと、300円以上のコットンは目の細かなやすり、100均のコットンは、荒いやすりです。

荒いやすりで肌を触ると、肌が削れてしまいます(><)

乾燥が気になる時期は、2度付けするのもおすすめ!

最後は、しっかりと、ハンドプレスでグググ~と化粧水を入れ込みましょう。

お肌がモチモチ!としたら、適量が入った証です。

化粧水のあとは乳液を使用します。

乳液は、適度な油分で潤いを逃さないようにします。

混合肌の方は、Tゾーンから油分がでるので「べたべたするのが苦手…」と乳液を避けてしまうこともありますが、混合肌さんは、頬や口元、目元は乾燥していることがほとんどなので、しっかりと乳液を使用するようにしましょう。

この時、油分がまず不足している頬・目元・口元から乳液を塗るようにしましょう。

テカリやすいTゾーンは、頬と目元、口元を塗った残りを付けるような感じでOKです。

目元や口元は特に乾燥しやすく、乾燥小じわになりやすいので、乳液を重ね塗りして、乾燥を防ぎましょう。

30代40代で、エイジングケアも兼ねたい!という方は、乳液のあとに、クリームを足してもいいと思います。

クリームは、乳液よりもさらに油分が多く、あまり顔全体につけると、べたつきが気になってしまうので、Tゾーン以外に塗る感ればOKです。

混合肌さんにおすすめの成分は「セラミド」!


混合肌さんにおすすめのスキンケア成分は、なんといっても「セラミド」です。

お肌表面の角質層といわれる部分には、細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」と呼ばれる成分が存在します。

細胞間脂質がつまった角質層は、いわば、お肌のラップなので、この部分がしっかりと埋まっていると肌内部の水分が外に蒸発しにくくなるんですね。

そして、この細胞間脂質の半分の成分を構成するのが「セラミド」なのです。

混合肌のテカテカ皮脂の原因は水分量の不足です!

スキンケアを見直し、水分と油分のバランスをしっかりと取ってあげることで、テカりにくい、メイク崩れしにくい肌をつくることができます。

正しいスキンケアで、透明感あふれる美肌を目指しましょうね!

《メイクテク》女顔メイクの顔の作り方を徹底解説!

顔の印象を大きく変えることができるのがメイク。

「メイクなしでは外出できない!」という方も多いかもしれませんね。

ここでは、優しい印象の女顔メイクの作り方についてご紹介していきたいと思います。

優しい印象の女顔メイクの作り方を知っておけば、デートや会食など、優しい印象を与えたいときに便利です。

また、普段はメイクしない!という方でも、是非、自分に似合う&自分好みのメイクを見つけるヒントにしてくださいね!


まずは、優しい印象の女顔メイクのポイントですが、女顔メイクのポイントは、1に眉、2に目の形、3にリップの色、4に肌の質感、この4つです。

1つ目のポイントの眉ですが、眉は、優しい印象の顔を支える基本の部分。

女顔メイクの眉のポイントは、「アイブロウパウダーを使用すること」「丸くアーチ状にすること」この2点です。

アイブロウパウダーはペンシルに比べて、優しい印象を作ってくれるので外せないアイテムです。

使用する色目も、少し明るめを使用するのがオススメ。

多くのアイブロウパウダーは、3~4色配合のセットになっていると思うのですが、4色セットの場合は、濃い色を省いた、3色を使用するといいでしょう。

丸いアーチ状の眉も、優しい印象に近づけてくれます。

眉尻を下げ、眉頭を中に入れ、丸くアーチ状になるように意識してメイクしましょう。

さらに、もう一つ、あか抜け感や優しさを足したいのであれば、アイブロウマスカラをプラスするのもおすすめです。

次に、アイメイクですが、女顔のアイメイクは、シャドウの入れ方よりも、アイライナーで優しい印象の目の形を書くことが大切です。

アイライナーで目指す目の形は、目じりが下がった印象の目です。

目じりを目の形に添って、目じりに下げるようにかいていきます。

そして、眉と同じように「アーチ状」にすることが女顔メイクのポイントです。

瞳の黒い部分の上を一番太くして、目じりに下げるように自然につなげればOKです。

このとき、目じりは跳ね上げたりせずに、自然に流すようにしてください。

そして、女顔メイクにおすすめのリップカラーは、ベージュ系ピンク系などの優しい色味を選ぶようにしましょう。

最後に、女顔メイクに合う肌の質感ですが、華やかな印象のピンク系の色味やツヤ感のあるリキッドファンデーションやクッションファンデーションがおすすめです。

これらの4つのポイントを意識してメイクすることで、女顔メイクは簡単に手に入れることができます。

優しい印象を与える女顔メイクは、初対面の方に親しみやすい印象を与えてくれます。

接客業の方や、婚活中の方、デートの予定がある方は、是非、参考にしていただけたらと思います。

《肌質が変わる!》ニキビがひどい方にお勧めのスキンケア方法

繰り返すニキビにお悩みの方におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

ニキビでお悩みの方は、シンプルケアを意識するのが肌改善への近道です。

特に10代~20代前半でニキビでお悩みの方は、栄養過多が原因であることがほとんどなので、洗顔のあとは、化粧水と乳液のみのシンプルケアで十分です。

まず、クレンジングですが、ニキビ肌におすすめは断然「ミルク」です。

ミルククレンジングは、オイルクレンジングなどに比べると、やや落とす力は弱いですが、肌に必要な潤いを残すことができるのが魅力です。

オイルクレンジングやジェルクレンジングは、乾燥を促し、毛穴が開きやすくなりますし、ニキビ悪化の原因になりかねませんのでおすすめしません。

クレンジングの見直しは、後回しにされがちですが、落とすケアはスキンケアの基本中の基本です。

「はやく、ニキビ肌を改善したい!」という方は、まずは、クレンジングから見直しましょう。

そして、洗顔ですが、洗顔料は、クレイなどが配合された油分の吸着力がある洗顔料を選びましょう。

クレイは、界面活性剤ではないので、うるおいを残しながら洗顔することができます。

さっぱりしながら、しっとりした洗い上がりなので、乾燥肌でニキビができやすい方にもおすすめです。

弾力で肌を洗っていってほしいので、濃密な泡ができる洗顔料がおすすめ!

洗顔ネットを使って、しっかりと弾力があるきめ細かい泡を作りましょう。

洗顔ネットで作ったたっぷりの泡を肌にのせ、泡のクッションでモチモチしながら顔を洗いましょう。

このきめ細かな泡が、皮脂や毛穴の汚れを吸着してくれます。

この時、洗顔中に、泡がヘタらないよう、しっかりとした濃密な泡を作るようにしましょう。

しっかりと洗顔が終わったら、化粧水を入れていきます。

油分が多いニキビ肌の方や乾燥でニキビができる方も、まずは、化粧水での保湿が必要です!

しっかりと化粧水で肌を潤すと、肌質がみるみる改善していくのを実感できますよ~★

水分がしっかり肌に入っていると肌細胞が元気になり、ニキビはもちろん、肌トラブルも起きにくい肌になります。

最近は、ローションパックなども安くていいものがたくさん販売されていますが、ニキビ改善の時には、パックのし過ぎに注意してください。

「何とかしたい!」とローションパックに力を入れすぎてしまうと、肌に栄養を与えすぎ=ニキビに栄養を与えすぎて、ニキビが悪化してしまうことがあります。

化粧水はもちろん、ローションパックも、《さっぱり》や《アクネケア用》を選ぶのがおすすめです。

化粧水・ローションの次は乳液をつけていきます。

この時、ニキビができている方は、オイルフリーやジェルの乳液を選ぶのがポイント!

油分はニキビの敵です!油分を乳液で補充してしまうと、ニキビ悪化の原因になりますので注意しましょう。

オイルフリーの乳液やジェルだと、油分が配合されていないので、ニキビ肌の方でも安心です。

乳液やジェルは、手のひら全体で顔をプッシュ・温めながら優しく肌になじませてください。

ニキビ肌の基礎化粧品アイテムは、この2点でOKです。

どちらかというと、引き算ケアですね。

「年齢的にオイルフリーやジェルだと、保湿力が足りない…」という方はクリームを使用しても問題ないですが、その場合は、ニキビが出来ている場所にはクリームを塗らないようにしてください。

年齢とともに、乾燥しやすいのは、目元や口元など、皮膚の薄い部分だと思うので、その部分だけでもいいかもしれませんね。

ニキビは一度できると、何度も何度も繰り返し、完全に改善するまで時間がかかるトラブルです。

しかし、正しいケア方法を行うことで、必ず、肌は改善していきます。

根気強いケアで、モチモチの赤ちゃん肌を目指しましょう!